債券先物の取引時間の延長で一般投資家も参入可能に?

債券先物取引とは一定の証拠金を拠出することで将来の一定の期日にあらかじめ取り決めた価格で債券の売買契約を結ぶ先物取引で期日前に決済することも可能です。
日本での債券先物取引の債券は主に国債が中心となります。
歴史を見ても最初にこの債券の先物取引が行われたのは1985年のことで取引対象の債券は長期国債でした。

この債券先物取引は金利の変動リスクをヘッジすることができる為、機関投資家や一般企業はこれを利用することで資金調達や資金運用の際に金利をあらかじめ確定することができ経営計画、資金計画が立てやすくなります。
金融機関側では債券価格の変動のリスクをヘッジすることができより多くの債券の保有が可能になると言うメリットがあります。

先ほども書いたように日本の債券先物取引はほとんどが国債で主に機関投資家や法人向けに作られた先物商品の様です。
証拠金も100万円となかなか個人投資家が資産運用の為に簡単に参入できる市場ではないようです。
2011年には取引時間が延長され、朝は8時45分からイブニング・セッションのクローズが23時30分に延長されました。
現在では午前3時まで開いているものもあるようです。
取引時間の延長で一般投資家の参入も容易になったともいえますが、先に示した通り取引単位が大きくなかなか一般投資家には手が出ないでしょう。

そこで取引規模の小さいミニ長期国債先物と言う商品も登場しましたが、未だ取り扱っている証券会社も少なく、資産運用の手段として一般投資家には十分浸透していないようです。
日本の債券先物取引が資産運用の手段として普及するにはまだ少々時間がかかりそうです。

fx取引の初心者が忘れがちな政策金利について

fx取引(外国為替証拠金取引)を始める人の目的は主に外国為替市場における為替変動から得られる買い(仕掛け)時点と売り(手仕舞)時点の為替レートの差による収益でしょう。
fx取引の初心者が注目する通貨は為替レートの変動が大きく、短期に買いと売りの時点でのレート差が大きな通貨ばかりに注目してしまうのではないでしょうか。

しかし、ご存じのとおりfx取引によって得られる収益は買い売りの時点でのレート差による収益のみではありません。
通貨を発行する国の政策金利に連動して決まる金利の差によって得られる収益、つまりスワップポイントがあります。

政策金利と言うのは日本で言うところの公定歩合のことでインフレや設備投資の調節などマクロ経済をより適切な状態に誘導するため各国の中央銀行が定める市中銀行向けの金利です。
民間金融市場の金利はこれをガイドラインにして金利を設定するのでfx取引を行う際も各通貨を発行する国の中央銀行がどのような政策金利を設定しているかまたどのようにそれを変化させようとしているかを把握することは初心者にとっても重要なことです。
実際、アメリカ等の先進国の中央銀行が政策金利の変更等をアナウンスメントすると為替市場は大きく影響を受けます。

fx取引の初心者にとって大切なことはfxの収益はレート変化の収益のみでなく、通貨間の金利差によっても収益・損出が生じると言うことを常に意識することです。

より詳しい各国の金利についてはこちらを参照してください。

高金利外貨で資産運用する際のチャンスとリスク

日本は長年にわたって「ゼロ金利」と呼ばれる政策金利の設定を持続しており、国内金融商品で資産の目減りをヘッジするのは不可能に近いと言うことは誰もが知っていることでしょう。
少子高齢化による人口減少、それに起因する内需の持続的縮小。
社会保障費の膨張による財政赤字の累積。
今後、日本の金利が上昇する要素は全く見られません。
日本の金利が上昇することがあるとすれば、それは1000兆円以上も累積された国際価格が暴落する時です。
その時は日本の財政はもちろんのこと日本経済自体が破綻する時です。
日本の金融財政当局がそうなるリスクがある政策を採るとは考えられません。
即ち今後、今のところ永遠に日本の金利は低い状態のまま維持されるでしょう。

そこで注目されているのが外貨による資産運用です。
高金利の国の外貨で資産を運用することで高い収益のチャンスを得ようと言うものです。
高金利の外貨による資産運用の仕方としては外貨預金とFX取引があります。
外貨預金はFX取引に比べればリスクの小さな投資で安定した高金利で金融資産を増やすことが可能です。
外貨預金には手数料がかかりませんが外国為替の手数料がかかります。
手数料コストはそれだけです。
しかし、外貨である以上変動相場制の中でレートの変動がありますから元本割れリスクも当然存在します。
また預金保証も適用されないというデメリットもあります。

一方、FX取引は証拠金取引で高いレバレッジで為替変動から利益を得ることが可能です。
高金利の外貨を買って売りポジションを一日以上保持すれば通貨間の金利差、つまりスワップポイントを得るチャンスもあります。
しかし変動の激しい外国為替の中で適切なタイミングで売買を行わないと収益を出すどころか大きな損出を被るリスクもあります。

どちらを選択するかは手持ち資金の規模、長期・短期の資金繰りの状況から総合的に判断されるべきものです。

時系列分析に於けるテクニカル分析とインデックス分析

株価にしろ外国為替にしろ時系列で変動する変数あるいはインデックス(指標)の分析には多数の方法論があります。
統計数学を駆使した時系列分析、マクロ計量分析、金融工学的手法そして株価やFX取引で多用されるテクニカル分析です。

マクロ計量分析などの統計数学を駆使した時系列分析は統計数学や経済学の理論を背景に持っているため詳細で精度の高い分析が可能です。
しかしこれら統計学を基礎とした分析手法は理論に基づいたモデルの構築が適切でないと正確な予測は不可能です。
これは相当トレーニングを積んだ専門家でなければかなり難しいものがあります。
さらに計量モデルによる時系列分析は多数のインデックス(統計指標)を収集する必要があり多大なコストと時間を費消します。
したがって統計学を駆使した計量モデルによる時系列分析は個人ではまず不可能です。
さらに分析に時間がかかるために短期的な未来の期待値を算出する手法としてはむしろ不便です。

やはり個人が最も簡単に利用できる時系列の分析手法は移動平均分析やチャート分析などのテクニカル分析でしょう。
これはすでにネット上で金融機関等が提供する時系列曲線から法則性を分析し、短期的未来の変動を予測すればよいからです。
余計なインデックスを自分で収集する必要もありません。
テクニカル分析は多くの相場師の経験則を総合的に取りまとめたものと言え、その意味では科学性は低いものの、少なくとも短期的的な相場変動の分析手法としてはかなり信頼性が高いものです。

資源国になり得るトルコへの外貨預金が今お得

トルコは現在、無資源国で軽工業を主要産業とする貿易赤字の輸入国です。
エネルギー資源はロシアと中東からそのほとんどを輸入している状態にあります。
しかし、この先状況が変わってきます。
地中海に面しているにもかかわらずトルコが無視現国家であるのは、第一次世界大戦に敗戦した時「自国で資源開発は行わない」という条約を締結したからです。
この条約が2023年に失効します。
そこでトルコは地中海で油田開発に着手しています。
これが上手く行けばトルコは資源国となりエネルギー資源をロシアや中東の資源国から輸入する必要が無くなり、貿易収支も改善されます。

それだけでなくエネルギー資源を輸出する資源国に脱皮できる可能性もあります。
この資源開発を見込んで産業の重化学工業化政策も推し進められています。
安い資源で工業製品を生産し輸出する輸出国に転換し貿易黒字国に生まれ変わる可能性が大きいと言えます。

このため現在トルコの産業稼働率は高く、経済も活況を呈しておりインフレ基調にあります。
金融当局はインフレ抑制の為に高い政策金利を設定していますからトルコは世界有数の高金利国家です。
また、トルコリラは資源開発を背景にした重化学工業化をにらんで相場が上昇傾向にあります。
相場が上昇傾向にある高金利通貨は投資家にとっては大変お得です。
外貨で預金をする場合トルコリラが最もお得なのではないでしょうか。
外貨での預金だけでなくFX取引で為替差益とスワップポジションを利用すればさらにお得です。